おしらせ

パールトーン加工ってどのくらい持続しますか?

皆様 こんにちは

京都もコロナ禍で厳しい状況下ではございますが、パールトーンは元気に営業させていただいております。

 

さて、今回は表題に記載させていただきましたように、

「パールトーン加工ってどのくらい持続しますか?」

という結構メジャーなご質問について取り上げたいと思います。

催事等でパールトーン加工実演をさせていただきますと、良くこのご質問を受けるのですが、その際には

 

【パールトーン加工は時間が経つと消えてなくなる加工ではございませんので、お手入れ方法を守っていただく限り、その効果は半永久的に持続します。

ただし、ドライクリーニング等の丸洗いを弊社以外にご依頼されますと、撥水効果の減退の可能性がございますので、取扱店様を通じてパールトーンにご依頼ください】

 

とお答えさせていただいております。

ただ、中には半永久的ってどれくらい?というご質問もございました。

 

そんな折、資料整理をしていますと、昔の資料が大量に出てきて、その中には昭和40年代初期のパールトーン加工のしおりが見つかりました。

 

なんとも時代を感じさせる表紙です。

 

なんとそのしおりにはパールトーン加工の効果確認のために約50年程前に加工された小切れの生地が貼り付けてありました。

その小切れに水をかけてみると、約50年経ったいまもしっかりと水を弾いております。

パールトーン加工の効力が半永久的に持続するということを、50年の歳月が証明してくれた瞬間でした。

 

是非動画でもご確認ください!

パールトーンブランドサイト
PAGE TOP