おしらせ

2018/04/23

織物の産地について② 近畿~九州・沖縄

皆様こんにちは
織物の産地その②となります
弊社にもいろいろな商品のご依頼がございますが、私自身知らないものも沢山ございます。
このような一覧を見ると伝統産業の継承が危機的な状況であることもわかります。


 奈良
・奈良晒(大和晒)・大和白絣(大和上布)など夏の着尺

 京都
・丹後ちりめん・京友禅・西陣・お召 など

 大阪
河内木綿:白木綿で厚地織で布目が揃っている。のれん、法被、足袋、帯芯などに使用されている。
 兵庫
・丹波木綿

 滋賀
長浜ちりめん(一越、二越、古浜がある)近江上布・浜紬・ビロード

 鳥取
・弓浜絣・絵絣の木綿織物

 島根
・広瀬絣・絵絣の木綿織物

 岡山
・作州絣:綿絣で、紺地に白の絣

 広島
・備後絣

 徳島
・阿波しじら織:夏の着尺として用いられている

 愛媛
・伊予絣

 福岡
・博多織・久留米絣・小倉木綿

 佐賀
・佐賀錦

 宮崎
・薩摩上布・大島紬

 鹿児島
・奄美大島の大島紬・大島八掛地・薩摩上布・薩摩絣

 沖縄
・琉球絣・八重山上布・芭蕉布・宮古上布・紅型・首里上布・久米島紬

パールトーンブランドサイト
PAGE TOP