おしらせ

2017/11/15

お着物の組成がわからないときの裏ワザ

皆様 こんにちは
今回は繊維の組成等を知りたいがわからないというよう場合の裏ワザについてご紹介したいと思います。
私の個人的な事をお話すると、出先でお客様から長襦袢に関するしみ抜き等のご相談をされた際に、その長襦袢が、絹なのか化繊なのかわからないことがあり、困ったことがございました。(化繊の場合、しみ抜き剤で使用できないものもあるため)
その際にたまたまおられたしみ抜きの職人さんにアドバイスされ、裏部分から糸を少し取り、燃やしてみたところ毛髪のにおいがしたので絹とわかった事例がございました。
全てにおいて万全ではないかもしれませんが、一つの性質としてご紹介させていただきます。

以下は繊維の端部分等から、糸を数本取出してみて燃焼した際の各種繊維の特徴です。
それぞれ①炎に近づけるとき ②炎の中 ③炎から離れた時 ④臭 ⑤灰 の状態の性質となります。

※あくまでも燃焼時の性質ですので、ご自身で対応される際には十分ご注意の上、自己責任でお願い致します。

・綿
① 炎に触れると直ちに燃える
② 燃える
③ 燃焼を続け、非常に速やかに燃える。残照がある
④ 紙の燃えるにおい
⑤ 非常に小さく柔らかくて灰色

・麻(亜麻及びラミー)
綿と同様

・絹
① 縮れて炎から離れる
② 縮れて燃える
③ 羊毛に似ているが、ややひらめいて燃える
④ 毛髪の燃えるにおい
⑤ 黒くふくれあがり、もろく容易につぶれる

・羊毛
① 縮れて炎から離れる
② 縮れて燃える
③ 困難ながら燃焼を続け、燃えるに先立って縮れる
④ 毛髪の燃えるにおい
⑤ 黒くふくれあがり、もろく容易につぶれる

・レーヨン
① 炎に触れると直ちに燃える
② 燃える
③ 燃焼を続け、非常に速やかに燃える。残照はない
④ 紙の燃えるにおい
⑤ 光沢を抑えたダルレーヨンでなければ灰はほとんど残らない

・キュプラ
レーヨンと同様

・アセテート
① 溶解し炎から離れる
② 溶解して燃える
③ 溶解しながら燃焼を続ける
④ 酢酸臭
⑤ 黒く硬くてもろい不規則な形

・トリアセテート
アセテートと同様

・プロミックス
① 収縮しながら炎を上げて燃える
② 燃える
③ 燃焼を続ける
④ 毛髪の燃えるにおい
⑤ 黒色のややもろい灰

・ナイロン
① 炎に近づけると溶解する
② 溶解して燃える
③ 燃焼を続けない
④ アミド特有のにおい
⑤ 硬く焦茶色から灰色のビーズ

・ポリエステル
① 炎に近づけると溶解する
② 溶解して燃える
③ 燃焼を続ける
④ 非常に甘いにおい(弱い)
⑤ 硬く丸く黒色

・アクリル
① 炎に近づけると溶解して着火する
② 溶解して燃える
③ 速やかに燃える
④ 肉を焼いた時のにおいとやや似ている
⑤ 硬く黒く不揃い

・ポリウレタン
① 炎に近づけると溶解する
② 溶解して燃える
③ 燃焼を続けない
④ 特異臭
⑤ 粘着性を有するゴム状の塊


火の取り扱いには十分ご注意くださいね!

パールトーンブランドサイト
PAGE TOP